【色相・彩度・明度】色の3つの尺度を紹介!【初心者向け】

こんにちは、久々に開けたプルシャンブルーが強烈なにおいを放ってました。ゴリアテです。

 

 

さて、今回は色の分類の仕方について掘っていきますぜ。

 

 

色相・彩度・明度

って聞いたことありますか?

色の3属性」なんて言われてますね。フォトショップやペイントソフトなんかを触ったことのある人はご存知かもしれません。

 

色を分類するにはこの3つの尺度が便利になってきます!絵を描く人は特に、知っておいて損はありませんね。

ではさっそく、この色のモノサシ達を一つずつ解説していきましょうか。

 

色相(しきそう)

はじめて見たとき色相(いろあい)って読んでました。

人に人相があるように、色にも色相(しきそう)というものが存在しています。

よく「好きな色は?」と聞かれて「赤」「黄」「緑」「青」など答えますよね。あれは色相のことを指しています。

 

 

ひとことで言うならば色みの種類ですね。

 

色によって連想されるものが違ってくるので、感情や温度、イベントなど、表すものによって使い分けられていますね。例えば、「ピンクは幸福や愛、夢、甘さやかわいさを連想する。」といった具合にね。

 

彩度(さいど)

高い低いで表されます。

高いほど鮮やか、低いほど鮮やかではなくなります。

 

ひとことで言うならば色の鮮やかさの度合いです。

彩度が高いと「元気」「フレッシュ」etc.、低いと「落ち着いた」「人工物」etc.といった印象を受けます。

 

 

ちなみに、色には彩度があるかどうかで有彩色無彩色の大きくこの二つに区別できたりもします。

有彩色(ゆうさいしょく):色を持つすべての色。無彩色以外の色。

無彩色(むさいしょく):彩度がない。色みを全く持たない。白、灰色、黒

 

明度(めいど)

これまた高い低いで表されます。

高いほど明るく低いほど暗いです。

暗めの青色とか明るめの赤といった表現もしますね。

 

ひとことで言うならば色の明るさの度合いですね。

最も明度が高いのは、最も明度が低いのがです。

 

ちなみに、絵の具類は基本的に明度が高いほどはやく乾きます。

 

まとめ

今回は3つの色の尺度を紹介しました。

  1. 色相(色の変化)
  2. 彩度(鮮やかさ)
  3. 明度(明るさ)

 

いかがでしたか?

アートの現場ではよく使う言葉なので覚えちゃいましょう!

「ここに彩度の低い青が欲しい」とか、視覚でしか表現できない色というものを言葉だけで解像度が上げられる代物になっています。これから使っていきましょう!

 

では今回はこの辺で

よきアートライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です