絵のアイデアが湧かないときのための5つの習慣

「絵を描きたいけど何描くか全然思いつかない!」
「一刻も早く絵のアイデアを思いつきたい!」
「かといって人に言われたものをただ描くのは気が引ける」

学生時代、こういったことで悩み、バタバタして、間に合わせの絵になってしまう人を多く見ました
公募展や絵の〆切がある場合だと結構な緊急事態ですよね;

でも絵を描くのってただでさえ体力使うのにこんな序盤で悩むのってもったいないいじゃないですか

この記事では、題材決めやアイデアが浮かばない事態を避けるべく
独自のアイデアを湧かせる5つの習慣を紹介します

独自のアイデアを湧かせる5つの習慣

1.好きなものをスクラップ

好きなアーティスト、作品、動物、なんとなくいい感じな模様、なんでもいいです
なんかいいな、好きだな、上手いな、欲しいな、あなたの感性で良いと思ったものをとにかく集めて、ファイリングするかスクラップブックに貼りまくってください

エスキース(だいたいどんな構図でどんなものを描くか決めた設計図)を考える段階でこの積み重ね作業はとにかく役立ちます!人の脳にはアイデアの引き出しがあるなんていいますが、いわばこれは視覚化された引き出しでして、非常に便利です

2.散歩する

人は座って考えるよりも歩く方が脳が動きます
有意義な思考ができるというのもありますが外にあるものを観察し、いいなと思ったら写真を撮ってみたり、歩く人を観察してみたり、普段は気づかないものを発見したりすることで視覚化しにくいアイデアを体験としてストックすることができます。緊急時にポロッと出てきてくれたりするので、やってて全く損はない習慣です。

3.エスキースを描き溜める

「こういうの描きたい」っていうのをおおまかでもいいので思いつく度にメモしておいてください
「ピンクがここまで広がってる感じ」とか「ここで人がこっちを見てる絵」とかなるべく図と言葉を一緒に書いておくとあとで混乱しません

芸人さんでいうところのネタ帳ってところです
ここまでは決まってるんだけどここだけが決まらない…といった事態にヒントをくれたりします

4.アイデアスケッチを描き溜める

落書きを描き溜める」って感覚で、思いっきり片手間でできる作業です
なんとなく暇なお昼休み、友達と喋りながらお絵かきって感じで、気楽に落書きしてみてください
例えばなんとなく象を描くとして、象の鼻がすごーーく長くなった絵や脚が長い象、耳が葉っぱになった象とか、その場で思いつくだけ派生させて描いてみてください

これは思考のアウトプットのトレーニングにもなるので強くオススメします

ここで描いた落書きは後で見返しても使えるので絶対に捨てないでくださいね。あなたの大事な財産です。

5.絵を描く自分を常に想像する

描きたいのは水彩ですか?油彩ですか?彫刻でもなんでも大丈夫ですが、インスピレーションを受けるものに出会ったときあなたがそれを題材に作品を作ってるところを常に想像するようにしてください。

モチベーションは上がりますか?
考えて興奮しますか?
わくわくできますか?

ここが一番大事なところです。
これは、あなたの変態性といいますか、あなただけの感性を育てる作業です。
自分が何を作ってるところで興奮するのか、何を見て楽しく感じるのかを知る、作品制作において重要な作業にあたります

最後に

今回はアイデアに困らないための、且つ独自のアイデアを育てる5つの習慣をご紹介しました
たまにこれをお話しして「〆切が近いの!!今すぐアイデアが湧いてほしいんだよ!」と言う人もいますが、余程トレーニングを積んでない限りは今すぐなんてそんな都合よくアイデアは湧きません。そういう人には「静物組んで静物油彩でもしたら?」と言うようにしてます。
静物油彩だけでも様々な力がつきますからね!やって全く損はないですからね!次がありますから!

ちなみに、私はスクラップブックの他にもう一つ、行った美術館のパンフレットや作品名簿をファイリングしてました。これもなかなか役立つのでオススメです

それでは今日はこの辺で
よきアートライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です