【初心者でも大丈夫!】簡単な模写のやり方

 

手っ取り早く絵を上達させる方法をご存知だろうか?

 

 

答えは模写だ。

 

 

 

……とは言え、

模写というとやはり敷居が高くて

手を出しづらいイメージですよね。

 

 

高校時代、ベテランのオッサン先生(恩師)に

たくさん模写をしろ言われたのを覚えています。

しかしながら、模写ってなんだかオリジナリティをころしてしまう気がして好きではなかったんですよね。

 

しかし、その考え方が間違っていたことに途中で気づきます。

 

 

 

 

ということで今回は、

模写は本当にオリジナリティを消すのか?

とともに、お手軽で敷居の低い

あくまで練習・研究としての模写方法を紹介します。

 

 

模写をするとオリジナリティを失う?

 

いいえ、失いません。

むしろ模写というのはその絵の技術を自分の中に吸収し、オリジナリティの幅を広げるものです。

 

 

 

技術は吸収しても使う度合い・使うかどうかも自分次第ですからね。

そのカスタムの度合いでオリジナリティというものはうまれるので。

この、絵の中の技術を吸収すること

我々の業界では「盗む」と言ったりします。

 

技術を盗むことに抵抗がある人もいますが、

絵が上手い人がいるのも、今まで過去の技術をしれっと取り入れてきたからです。

 

美術予備校や学校で

デモンストレーションがあるのも、生徒に技術を盗ませるためのものです。

 

 

座学とは違い、技術に関しては

ただ“教える”のではあまり効果がありません。

 

言葉で教えても必ず食い違いが起こります。

 

 

まず美術学校ですら、大事なことは基本口では教えてもらえません。

口で説明するより実物を見たり同じことをやってみるのが圧倒的に早いのでね。

 

 

 

 

自発的に調べて、自分で解釈して、やってみて…という繰り返しが絵の上達の肝なのです。

ここまで言ってもまだ気にする人がいるので念の為言い切っておきます。

 

模写は全く悪いことではありません。

 

 

 

むしろたくさん模写してたくさん技術を手に入れてしまいましょう!!

 

あっ自作発言はNGですよ!

模写のやり方

ではさっそく簡単な模写のやり方を紹介…

したいところなのですが、

最初にことわっておきたいことがありまして。

 

目的の設定

 

模写ってただやっても意味がないんですよね。

 

 

何も目的を設定しないまま描いても達成感だけで終わってしまいます。

 

 

この場合の目的とは

「何を盗るか」

この絵描きの、どの技術を手に入れたいのか。

そこを設定することが必要になってきます。

構図、技法、色感etc.

なるべく1つに絞ると力がつきやすくなります。

 

 

目的別の模写

 

さて、目的は設定しましたでしょうか?

 

 

最初のほうで言った

「お手軽で敷居の低い模写」というのは、

目的別に模写をするという意味です。

 

たとえば

 

 

構図だったら、

  • おおまかなオブジェクトの配置
  • 画面全体の明暗バランス

 

技法だったら、

  • どんな画材で描かれてるのか
  • どのツールで描かれているのか
  • どういう構造でこの色が出ているのか

 

色感だったら、

  • どんな色構成で描かれているのか
  • どんなトーンで構成されているか
  • この色はどう作っているのか

 

 

といった具合に、着眼点を決めて

そこに集中した模写をしましょう!

 

 

本物とピッタリのサイズで、全く同じ画材で完璧に模写する必要なんてないんです。

 

手に入れたい要素を絞れば、別に完成させる必要もないんですよね。

 

 

模写は技術の研究ですから。

 

 

構図にいたっては紙とペンを用意してメモする程度でOKです。

明暗をトレースしてみたり、モチーフの配置を簡単に描き出してみたり。

 

目的を1ジャンル決めたら、

その中でたくさん視点を用意して探ってみましょう。

 

 

技法だったら、どんなレイヤー構造をしてるのか

 

色感だったら、絵の中で実際に使われてる色を抜き出して、こちらで作って検証!

 

 

巨匠の描いた体のバランスを真似してみたいのなら絵の中の体をクロッキーしてみれば良いんです。

本当に簡単なように見えて真剣に取り組むと難しいものも含んでます。

 

 

しかしながら、そのぶん目的に集中して取り組めるので実感は出来るかとと思います。

がっつり最初から完成まで模写するより9.9割容量削減!!

 

かなりエコです!

必ず糧になるので、ぜひお試しあれ!

 

 

まとめ

 

模写をやるときは

  1. どの技術を得たいのか、目的を決める
  2. 目的別に模写をする

 

でした!

 

 

 

いかがだったでしょうか!

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

では今回はこのへんで。

よきアートライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です