友達が自分にとって毒なら縁を切ってしまえ

こんにちは、過去に友達関連で痛い目にあったことがあります。ゴリアテです。

美術オタクです。

 

今でも高校時代の友人とは結構連絡を取るのですが、そこで大学での友達関係がこじれている話や痛い目に合ってる話もよく聞きます。

 

しかしながら、

「友達辞めたい」

と言いながらもだらだら付き合ってしまい、一向にやめられない。

 

というケースが多いんですよね。

 

 

私は自分にとって毒だなと感じた友達とはその時点でキッパリ縁を切るべきだと思っています。

一刻も早く切った方がいいです。

 

 

毒って何?例えば?

「友達を大事にする」のはもちろんいいことです。私も心掛けています。

しかし、その友達は本当に大事にすべき友人なのかを考えていただきたい。

 

 

どうしてそんなに厳しいことを言うの?

それすごく悲しくない?

と感じる方もいるかもしれません。

 

実はこういうことを言うのも、私自身、友達を変に大事にしたり、友達を選ばなかったが故に痛い目に遭ったり「遠回りをしたな」と感じた経験があるからなんです。

 

ここでいう毒とは

  • 自分の時間を無駄に使われる
  • 見下してくる・マウントをとりたがる
  • やりたいことの邪魔をしてくる

といった感じですね。

 

 

無駄を愛する時間だったり、そこにもともと強い友情があるなら何も言えませんが、そうでないのなら一刻も早く切った方がいいです。

何故なら、

一緒にいても損をするだけだから。

これが本当に厄介なんです。

 

これに気が付いてから、私は自分の時間を吸われるのが大嫌いになりました。

だってひどくはありませんか!私の貴重な時間を奪ってるんですよ!その間にピンタレストやインスタでまだ見ぬアーティストを出会えたかもしれないのに!

私の恩師、オッサン先生が「あなたの悩みをゴチャゴチャ聞いてる間に僕はネトフリでいい映画が見つけられたかもしれない!本当にどうしてくれるの!?」って怒っていた気持ちが今ではよくわかります…(いやそれにしても教師の立場としては聞き捨てならない)

 

毒な友達を断捨離してしまえば、友人関係でのストレスは消えます!

現に私は友人関係のストレスは全くございません。

 

切ってしまっても、残った友人を大切にすればいいですよ。そしてまた新たに友人を作る。それでいいんです。

私は友達は多いとは言えないものの、みんなかけがえのない人たちです。

 

友達は自分を作る

どんな友達といるか、どんな人が周りにいるかで自分も変わってきます。

 

これは極端な話にはなりますが、ネガティブな人といると自分もネガティブになりますし、ポジティブな人と付き合えば活力が分けてもらえます。

そういったように、「なりたい自分」を叶えるために付き合う友達を選ぶという手段もあります。

 

 

ちなみに、切るときは「こちらからアクションを起こさないと何もされない」程度がちょうどいいですからね。

 

毒をくらって大損する前に毒なら遠慮なく切ってしまいましょうね!

嫌な友達が増えて、自分を偽ることが多くなり、自分がわからなくなってしまう前にね。

 

 

 

では今日はこの辺で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です