デッサン用の鉛筆の持ち方が知りたい人はこの記事へ!【練りゴムの使い方も紹介】

 

どうも、絵を描くタイプの美術オタクゴリアテと申します。

 

 

デッサンをする際の鉛筆には持ち方というものが存在しているのですが、デッサンがはじめてだったり、まわりに美術に精通した人がいない限りは知らないまま描いてしまうのでは?
と生活する中でふと思いました。

 

故に今回は鉛筆デッサンにおいての鉛筆の持ち方使い分け
そして最後のほうにおまけもプラスしてお話しします。

 

 

 

お急ぎですよね。

もうちゃっちゃといきましょう。

 

 

鉛筆の持ち方

 

ちなみにこの鉛筆はステッドラーさんの2Hの鉛筆

 

デッサンでの鉛筆の持ち方はこれです!

というより美術の界隈ではこれが
スタンダードな持ち方!!

 

 

人差し指と親指でつまみ、他の指で包む

 

キホンはこの持ち方で、紙に対して
寝かせたり立たせたりして

線の太さや鉛筆の炭ののる範囲を調整します。 

 

 

 

 

え?どうしてこの持ち方をするのかって?

 

この持ち方をして白い画面に芯を付けてみてください。

 

 

ほら、先っぽがガラ空きだぜ?

そうです。視界がよくなるんですね。
描く箇所をしっかり見ながら描くことができるんです。

いつもの鉛筆の持ち方と比べてみてください。
視界の晴れ具合がちがう。

 

 

 

デッサンがはじめてだったり、
あまり馴染みのない方にとっては

 
最初は違和感があるかもしれませんが、
この持ち方はデッサンだけでなく
クロッキードローイングでもバチボコに使うので今のうちに慣れておきましょう。

 

 

 

さて、たった今美術界隈ではこれがスタンダード持ちだと
言い放ったところですが、

実はあの馴染み深い鉛筆の持ち方をする場面もあるのです…

 

 

鉛筆持ちをする場面

 

 

こちらは本来の鉛筆の持ち方ですね。
私は鉛筆持ちと呼んでます。(そのまんま)

 

 

この持ち方をする場面というのは、

 

人物画でいうところの顔のパーツの描き込みだったり、
手でいうところの関節のシワ毛の一本一本など

細かい描写…
いわばラストスパートの描き込みで使う持ち方です。

 

 

この持ち方は普段文字を書くためにあるだけあって、
力が入るような仕組みになっているため、

 

 

慎重かつ
濃くて細かい描写
必要とするところにうってつけであります!

 

 

 

 

はい!鉛筆の持ち方はここまで!
ここから下はついでに練りゴムの使い方を紹介しちゃいます!

 

 

知らない人は見てってね。

 

 

 

練りゴムの使い方(おまけ)

 

(新品の練りコムはこんな感じ)

 

デッサンに欠かせない練りゴムくん!

 

はじめての人は使い方わからないのでは?
と思ったのでここに書いておきます!

まわりが専門的な環境じゃないとおしえてくれませんものね。

 

 


豆知識
ここだけの話、消しゴムを使う際は普通「消す」と表現していたと思うのですけど、デッサン等で消しゴム・練りゴム類を使って白い箇所を作る際は「抜く」とか「炭をとる」と表現します。
覚えておいて損はないかと!



以下この表現を使います。▼

 

 

 

練りゴムくんは紙粘土にとても近い感触です。

 

 

しかし決して紙粘土ではないので、
「え?これ実は紙粘土じゃない?」
と不安になってもクレームいれたり不良品扱いしないようにしてあげましょう。

 

画材に歩み寄ろう。

 

 

 

練りゴムくんはゴムゴム練って使います。

暇つぶしにいじるように練って石をモデルにした着色前の紙粘土のようにした状態で鉛筆で黒ずんだり白く抜きたいところにこすりつけたり押さえつけたりポンポン叩いたりして使います。

 

これはちょっと使用済みだけどこんな感じの状態で使います。


それぞれの扱い方でどんな取れ具合になるかは実際に試して検証ください。
そのほうが絶対早くて経験値になる。

 

 

 

まあ、練らずにそのまま使っても悪いこたないんですけど、
「練りゴム」という名前だけあって
練った方が役割を全うしてくれるのは確かです。

 

 

練ろう。

 

 

 

ちなみに、濃いグレーになったり黒くなったらやせ我慢せず、潔く買い替えましょう。

 

 

小学生の頃、カラフルなにおいつきの練りケシ
遊んだ経験はありませんか?私はあります。

まあ使い方はあれとおんなじなんですけども、
デッサンで使うものはにおいつきではなく画材屋さんや文房具屋さんに売ってる白いものを購入しましょう。

 

 

においつきのほうは商品自体で楽しませることに特化していて、本格的に作られているわけではないので鉛筆の炭がとれづらいんですよね…
対して白いほうはデッサン用なので、ちゃんととれてくれます。

 

 

先をとんがらせて細かく小さな範囲を白く抜けたりします。

 

デッサン、がんばってね!

 

 

 

 

 

 

では今回はここまでにしましょう。

 

ここ、アートの正門では
美術関連の情報、描き方・考え方など、日々更新し続けております。

気になった方はカテゴリー欄から他の記事も見てみてください!

 

 

 

見て損はない内容かと。

 

ではでは、

よきアートライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です