【初心者向け】鉛筆デッサン、王道の鉛筆これだ!【道具の話】

クロッキーには基本Uniの3B鉛筆を使います。ゴリアテです。

 

さて、今回は絵描きの必需品にして神器・鉛筆について話していきますぞ!

私は高校時代、基本的に木炭デッサン中心に齧っていましたが、木炭デッサンにも鉛筆は使っていましたし、鉛筆デッサンも課題や定期試験でこなしてきましたので、道具には詳しいです。

 

 

「デッサンを始めたけど、鉛筆ってこれでいいのかな;」

って方向けに、これで描けば何も問題ない!ってくらい王道の鉛筆を3つ紹介します。

ムキッ

 

王道鉛筆3選

鉛筆の種類、たくさんありますよね。どれががいいのかわからないという方向けにご紹介するならはやりこの3つ…

 

もしかしたら邪道と言う方もいるかもしれませんが、私はこの3つを特徴ごとに使い分けていました。

 

一つ目:Uni(ユニ)

親しみやすいおっとり系、物腰柔らか

トーンを作ったり、おおまかに描くのにとても向いています。

描き味は持ち手とともにやわらかめで、かなり扱いやすい印象です。

 

 

なるべくお金を使いたくない!という方は

Uni(ユニ)よりお手頃価格のUni-star(ユニスター)というものもありますが、私はUni(ユニ)をオススメします。

 

amazonには1ダース単位の販売しかないようです。画材屋さんに行くと一本ずつ買えますよ!

amazon商品ページに飛びます→三菱鉛筆 鉛筆 ユニ 2B 1ダース

 

二つ目:Hi-Uni(ハイユニ)

ユニちゃんと見た目はそっくりだが、気品が高く、お嬢様気質

我々の界隈でいうところの「いい鉛筆」の代名詞ですな!

Uni(ユニ)よりも黒の濃度が高く、いろんな部分でさらに品質向上が見られる鉛筆です。

(そこは描き比べしたらわかると思います。)

国内最高品質なのではないでしょうか…

 

 

やっぱりUniよりはお値段高めです。

しかしながら、Uni(ユニ)よりも質がいいことは確かなので、懐に余裕がある方・勇気がある方は全硬度が揃ったこちらの22本入りアートセットをオススメします。

amazon商品ページに飛びます→三菱鉛筆 鉛筆 ハイユニ アートセット 22本入

 

さすがに5B~10Bと5H~10Hは使う機会が少ないと思いますが、一回高品質がどんなものか知っておくのも大切なことなのでね。

三つ目:STAEDTLER(ステッドラー)

青い柄が特徴的で秀才感が強め

 

こちらも「いい鉛筆」の代名詞。

製図によく使われる鉛筆です。

一言でいうならカリスマ、描き味はガリガリカリカリ描くような、他のメーカーにはない硬く尖った印象です。

描き込みや、形を線で追う場面、精細な描写に向いています!

 

 

購入するとすれば12硬度セットをオススメします。STAEDTLER(ステッドラー)に関してはぜひ色んな硬度を試してみてほしいのです。

amazon商品ページに飛びます→ステッドラー 鉛筆 ルモグラフ 製図用 12硬度セット 缶ケース

 

余談

 

 

さて、ここまで私が思う「王道」の鉛筆を紹介しました。

いかがでしたか?

 

迷いが解消されたのなら幸いです。

 

こんな紹介の仕方をしましたが、この中になくとも自分が合うと思えば運命を感じたのならば、どの鉛筆でも問題はないと思います。(個人的にはね)

 

 

ちなみに、鉛筆の硬度(濃さ)は一応JISが定めてるぶんでは9H~6Bまでになっています。

その中で鉛筆デッサンで使うものとしては3H~4Bくらいまでだと言われています。(あまり濃いものを使い過ぎてもテカるだけだから)

あとはお好みですな。

 

同じ濃さでもメーカーによって濃さが違ったりするので、実際のところとにかく目分量で試してみるしかないです。

 

 

ではでは、いい鉛筆に出会ってくださいね!

 

 

今回はこのへんで

よきアートライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です